KaMaKuRa

群馬からは以上です

MENU

夫に«かわいい»という認識が生まれた話。

広告

夫は私に「かわいい」と言ってくれませんでした。

夫以外にお付き合いした人達は私のことを「かわいい」とまぁまぁ言ってくれたのですが、夫は違いました。

f:id:nukkey:20161028093736j:plain

 

ある日のデートに私は目一杯のおめかしをしました。
おめかしをしてきたのに、夫は「いつもと違うね、いいね」というばかりで「かわいいね!」とは言ってくれません。

「かわいい」と言ってほしくて、恥をしのんで自分から聞いてみることに...

f:id:nukkey:20161028093809j:plain

「かわいいってよくわかんない」

という答えが返ってきました。

「わかんないなら仕方ないな」と、夫に「かわいい」を強要することは諦めよう。「いいね」とは言ってくれるし。

と私は考えを改めました。

 

それから2年。

「かわいい」を知らない夫に転機が訪れます。

f:id:nukkey:20161028094219j:plain

出かけた先のゲームセンターにあったUFOキャッチャーの景品がカービィで、私はカービィをしこたま取りました。

それを夫に見せると、カービィを手に取りカービィをしばらく見つめ、夫がこんなことを言い出します。

f:id:nukkey:20161028094424j:plain

「かわいいってこんな気持なの?ドキドキする!」

私はすごくびっくりしました。
感情をあまり表に出さない夫が感情をむき出しにしていたからです。

その後、夫は家に帰るまでカービィを膝にのせてフィーバーしていました。
少し不安になりましたが、彼の人生に「かわいい」が加わってよかったな。と思いました。

その日をさかいに夫は、カービィを見つけたら買ってきます。
家がカービィだらけに。

 

だけど、どのカービィでもいいわけではないそうです。
夫いわく、かわいくないカービィもいるそうで、吟味してるらしい。

f:id:nukkey:20161028095059j:plain

これは一部で、大きい人形などあります。
カービィに似てるから」という理由で、ピンクのクッションを買ってきたこともあります。

f:id:nukkey:20161028095645j:plain

我が家では「ピンクボール」と親しみを込めて呼んでいる。

 この行動からカービィにドハマリしてることが伺えますね。

 

さて、カービィのかわいさから夫に「かわいい」という認識が生まれました。

f:id:nukkey:20161028095908j:plain

うちは週末、銭湯によく行きます。
冬は、湯冷めしないように。と私は防寒対策をし、すごく洋服を着込んで銭湯にのぞみます。

もこもこの私を見た夫

f:id:nukkey:20161028100016j:plain

「丸くてかわいいね!」

「かわいい」という認識が生まれたことによってついに私に「かわいい」と言ってくれました。

初めて私に「かわいい」と言ってくれたのは、付き合ってからまる二年経った時でした。純粋に嬉しかったです。

夫は自分から進んで不特定多数に「これ可愛いね」と言うことは無いですが、「かわいいは、楽しい」と化粧品のCMみたいなことを夫は言っていて、彼の心の変化が垣間見れました。

私は当たり前に「かわいいかわいい」と言ってきました。
「かわいい」という認識がないのは驚きでしたが、この経験はとても勉強になりました。