読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KaMaKuRa

群馬からは以上です

MENU

【マンガ】工業高校はおもしろい!

広告

私は工業高校を卒業しました。
夫も工業高校卒業です。出身高校は違います。

お互い過去の話をしないのですが、ひょんなことから私が通ってた工業高校の話になりました。

すると、「超ウケルwぜんぜん違うw」と夫に言われてしまいました。

学校と通っていた科が違うので当たり前ですが、せっかくなので漫画にして夫にコメントをもらうことにしました。

エピソード1・土木科式テストの乗り越え方

f:id:nukkey:20160831213809j:plain

解説:私は環境を考える部活に入っていました。
その部活の先輩にテストの乗り越え方を教わりました。
考案者は先輩のお父さんで、テストのたびにクラスの大半が名前の欄にダルマを描いたそうです。
手も足も出ませんって意味で。

夫コメント

テストはちゃんと受けようよ(笑)。

エピソード2・実習の一環

f:id:nukkey:20160831214244j:plain

 

解説:それぞれの科が得意な分野で修理をします。
私が通ってた高校の校舎は、お世辞にもキレイと言えませんでした。ボロです、ボロ。今はもうその校舎はありません。
監督は先生。もしものときに学校のクロス(壁紙)やタイルの在庫がわんさかある。

夫コメント

そんなことはしないよ。
だって、俺が通ってた高校は8階建てだし、キレイだし。壊れることは無かった。

エピソード3・入学式の洗礼?

f:id:nukkey:20160831214734j:plain

解説:これって工業高校の醍醐味じゃないですか?ヤンキー。
「昭和からタイムマシーンに乗って来たの?」と疑うようなヤンキーが校舎に結構いました。(平成の話です。)
長期休暇の前は「暴走族に絶対入らない」という講習とプリントがあるくらい先生たちは生徒の暴走族加入に頭を悩ませてました。
当時、母親が「暴走族に入らないように家庭で話し合うってプリント初めて見た」と笑っていました。

夫コメント

この絵よりもう少しマイルドなのはいたけど…。
そういう人は自然と学校来なくなるよね。

工業高校たのしいよ!

なんだかんだと言いましたが、私は工業高校に入ってよかったな。と思っています。
技術も学べるし(それが役に立ったかどうかは別として)、地元だとOBがいるので就職が比較的容易でした。(今は知りません)

「工業高校出身です。」というと、「え?男子校?」と聞かれますが、私がいた科はほぼ女子でした。

実習をしますが、5教科と家庭科・保険体育も勉強しました。

そこらへんも触れた漫画を描きたいと思います。