読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KaMaKuRa

群馬からは以上です

MENU

【夫婦漫画】今更だけどプロポーズして欲しい!私の紆余曲折。

広告

最近暑いですね、みなさん大丈夫ですか?

さて、今回はDAIGOさんのプロポーズの曲を聞いて私はふと思い出してしまいました。

f:id:nukkey:20160711212608j:plain

そう。私はプロポーズを受けていません!

夫:プロポーズしてないもの

※私たちはどうやって結婚したかというと、夫が転勤になったので「ぬきのご両親に挨拶すっかー」みたいな感じでさくっと入籍しました。

ということで、もう結婚して1年半経ってしまいましたが、夫にプロポーズしてもらいたいのでどうしたら夫が乗り気になってプロポーズしくれるのか考えてみました。

f:id:nukkey:20160711213739j:plain

この記事を覚えているでしょうか?

夫はカードゲーマーなのである。遊戯王

カードゲームならプロポーズしやすいのでは?

と考えました。

f:id:nukkey:20160711213822j:plain

そりゃそうだよな。
何を今更…私もそう思う。だけどして欲しい乙女心。

f:id:nukkey:20160711214037j:plain

夫が興味を持ってくれそうな題材を持ってきた。
以下は私のプレゼン資料である。

 

f:id:nukkey:20160711213801j:plain

f:id:nukkey:20160711224332j:plain

これを見た夫、まえのめり。

f:id:nukkey:20160711214625j:plain

私が夫の趣味に歩み寄ったのが嬉しかったのか、転勤して最近デュエルが出来なくてフラストレーションが溜まっているのか夫は色々説明してくれた

が、

難しいしややこしかったので私は無視した。

でも、相槌だけは打った。妻の嗜みである。

f:id:nukkey:20160711215244j:plain

気づいたら1時間経過していた。

f:id:nukkey:20160711215300j:plain

まわりまわって何の話をしていたのかわからなくなったのである。

これはオタクにはよくあること。

すかさず私は軸を戻すが、一度に詰め込まれたのでちんぷんかんぷんで取り乱していた。

f:id:nukkey:20160711215351j:plain

そう、ただ私はプロポーズをして欲しいのである。

面倒くさい。男性諸君はそう思ったであろう。

しかも、入籍して結婚式までしたのだから最高潮に面倒くさい女である。

でも、人生に一度であろうプロポーズをして欲しい!

なぜなら

夫が

好きだから!

f:id:nukkey:20160711215827j:plain

次の瞬間、夫はサラッと結婚しよう。と言ってくれた。

ミッション完了である。


 その時はいいとしても、あとになって蒸し返してしまうのが悲しいところですが、ちゃんと段階は踏んどいたほうがいいと思います。

そうしないと何年たっても子供が出来ても

「パパはね、プロポーズしなかったんだよ」

と語り継がれることでしょう(うちの両親がそうです)