KaMaKuRa

群馬からは以上です

MENU

私の勝手な漫画論

広告

漫画を描く人には多いんじゃないかなあと思っています。

f:id:nukkey:20160309134944p:plain

漫画を描くということは、登場人物の気持ちを考えて描くので気持ちがぐるぐるまわってしまうことが結構あります。

私は漫画を描くのですが、あまり漫画を読みません。
何故かと言うとすごく疲れてしまうからです。

ここ2,3年でそれに気づきました。
どうしてかというと、1情報を与えられたら持ち前の想像力で10勝手に想像が出来てしまうからです。
漫画を描くことは登場人物が5人出たら極端な話、自分の思考がその登場人物5人分必要ということになってしまいます。私は。

なので、1つの方向からだけ想像すると漫画の人物像が一人になってしまうので、日常絶えずにいろんな人の気持になって思考を巡らせてしまうんですよね、趣味なのに…w

漫画本業じゃないのに…w 

f:id:nukkey:20160309135640p:plain

今描いてるこれなんかは

note.mu

自分の気持ちが上がって無いと描けないわけです。
悲しい気持ちでギャグ漫画描くのは私には難しい。

狂った私を見て夫は若干引いてます。

これの逆もあり、シリアスな展開なんかは最悪です。
元気がなくなってしまいます。

f:id:nukkey:20160309135843p:plain

この経験から、登場人物を死なせない漫画家さんは勝手に私と同じだと思っています。

たぶん、疲れてしまうんですよね、気持ち的に。

私はちゃんとした(笑)漫画を描く時に自分の言いたいことを盛り込むので登場人物はおのずと自分の分身になるので死なせたくない。

f:id:nukkey:20160309140110p:plain

自分がそうなので、たまに漫画や小説を読んでいると作者のハートを感じる時があります。

みなさんもそうだと思いますが、あまりいいたくないですが打ち切られそうだなって漫画わかる時ないですか?

作者の気力やハートが弱ってると読者にも伝わってしまうんですよね。

最後まで全力で描く作者さんがいるのも事実ですよね。

私の好きな漫画、G戦場ヘヴンズドア2巻に書いてある坂井先生の

本当に面白いマンガはね、心が健康じゃないと描けないんだよ

 

このセリフが最近になって重みを感じるようになりました。

f:id:nukkey:20160309140334p:plain

なので、一生懸命ハートを込めて漫画を描いてるつもりなのですが、どうなんでしょうか。

広告漫画として描く仕事は別ですが、趣味はお金をとっているわけじゃないので頭に浮かんだものをポッと描いてポッと出しています。

ベストセラーの作家さんで共通してることは辛くなかった。楽しかった。辛さも楽しさに変えた。とよくインタビューで答えてるような気がするのでそこも何か参考になりそうです。